不動産投資で収益を上げるなら一棟売りアパートが最適!

紙幣と男性

家賃滞納のリスクには

紙幣を数える人

代わりに返済してくれる

最近、不動産投資が注目されています。マンションや一軒家などの不動産を賃貸することで、家賃収入を得ることができ、それが利益となります。不労所得が得られることがメリットで、副業として行っている人も増えています。他にも、相続税対策や節税効果、生命保険の代わりになるなどのメリットがあります。デメリットはない、とは言い切れません。例えば、空室や滞納のリスクです。貸したい不動産を持っていたとしても、そこに借りたい人が存在しなければ収入を得ることにつながりません。そこで利用者が増加しているのが、家賃保証会社です。家賃保証会社とは、賃貸契約の時に必要となる連帯保証人に代わって、第三者が連帯保証人となるサービスを提供している会社です。もしも不動産を借りている人が家賃滞納などを行った場合、家賃保証会社が代位弁済といって、家主へ代わりに立替払いを行ってくれるものです。近年は世帯形態が変化してきています。核家族の人が増えていることや、連帯保証人を親族などに依頼しにくい、高齢者で身寄りがないなど連帯保証人を探すことが難しいことから、家賃保証会社のニーズは高まっています。不動産を借りる側としても、連帯保証人が不要になることがメリットとなります。もしも滞納が起これば、通常の督促と比べて取り立ては厳しくなりがちですが、貸主にとっては、通常の連帯保証人よりも家賃回収の確実性が高いことがメリットとなります。このようなメリットから、家賃保証会社を利用する不動産投資者が増えています。